すくすくパターンとジャンジャン捌くパターンがありますよね

医師にはクライアントの待ち時間について2通りの見方あがあるみたいですね。上から目線で待つのは必須という見方で別いろいろ話をするスタイル。もう一方はグングン捌いてできるだけクライアントを待たせないように感じるスタイル。先日、市のがん検診で成果を聴きに行ったときのことです。最初はTOPで成果の紙だけアッという間に受け取れるかと思ってましたら1期間半分も待たされて診療室へ入りました。異常なしなのに延々と下らない講話を聞かされました。これこれこうだから気をつけないとねという具合に。コイツじゃ待つわけだと思いました。のんべんだらり悠然と狂乱無いのなら診療室へ叫ぶ必要もないし、呼んでもよし、異常なしですよでアッという間に次のクライアントへ回せばこれ程待つ振る舞いないのに。至って、クライアントのことを考えていないんですよね。ガンガン捌くスタイルの医師はとってもいいですね。予約を入れても毎度一概にその時間に呼ばれますから。たらたらスタイルの医師では予約してもからきし内容ないですからね。私は後のほうがちっともいいですね。