今回の朝鮮半島の危機は、投資にとって非常に難しい

今までにも、日本は大きな災害がある度に証券市場や為替などに大きな影響がありましたが、日本の政治・経済自体が消滅するような危機はなかったと思います。
今回の危機は、日本が戦後初めて当事国の一員として戦争に巻き込まれる可能性がある危機と思われますので、このような事は、戦後の日本の社会、経済、文化、その他もろもろにおいて初めてです。為替や証券で見てみると、もし始まった場合最初の内はリスク回避として為替は大きな円高になり、証券等は下落すると思います。それじゃあ、為替は円売り、株は空売りがいいのかというと、今回の危機はそう読めない事が非常に難しい・・・
なぜかと言うと今回の危機は、今まで見たく対岸の危機ではなく、また相手の国が何をするのかわからない、何をしてもおかしくないという事で、中国なども巨大な核軍事力を持っていますが、まだ、とりあえず常識や抑止力が働いているのでこの後もずっと日本としては普通の生活が続くはずですが、北朝鮮の場合は指導者が何を考えているのかわからない為、又、周りで意見や忠告をする側近たちを粛正してしまっている為、又、トランプ大統領になってアメリカもかなり強気になっているので、いつ戦争が始まるかわからない状態です。戦争になり日本にも直接の大きな被害が出た場合。為替等は今までの避難先状態の円高から、一気に大幅な円安になると思われます。
証券も大暴落になり、まあ、ここまでくると投資どころではないのですが。
という事で、いろいろな想定シナリオがあるのですが、とりあえず今回に限って言えばテクニカル分析で株や為替を売買するのではなく。朝鮮半島情勢などの外部要因を注意深く見ていてすぐに逃げれるようにして売買するのがベストだと思います。(何か事が起きるとニュースの前に、チャートに反映されます、よってチャートを見ながらすぐに反対売買、及び、逃げるようにしておくのが必要です。)
とにかく戦争にはなって欲しくない、北朝鮮も、もし今回の危機が無事に終われば、核軍拡などに人的資源や技術開発などしないで、日本みたく草の根の技術大国を目指し北朝鮮製の部品がなければ世界経済が回らないというような事を目指した方がいいと思います。特に独裁政権の場合は短期でそのような事に国を導く方が可能です。軍事力で恫喝するのではなく、技術力と経済力で日本、中国、その他の国及びアメリカを席巻して下さい。その方がいいです。この危機が無事に収まりますように・・・