今日はお昼にホットケーキを焼いて、それからいろいろ回想します

昔々、父がフライパンでクッキーを焼いてくれたことがあります。
サクサクしてて、中はお店で売ってるのより柔らかめ。
世間一般じゃ、これをホットケーキと呼んでいると知ったのは、
しばらく後のことでした。
本人曰く「薄い方が焼きあがるのが早くて効率的だ」なのだそうです。ふん。
「ケーキ」はどこに行ってしまったのでしょう。

今日の昼食はホットケーキを焼きました。
ホットケーキっていいですよね。ミックスを混ぜるだけで作れて。
先週は、めんどーだったので、お水だけで焼き上げてしまいました。
とっても楽でしたよ。
味もそこそこでした。
ただ、なんというか、ふんわりしていない?生地の密度が高い感じでした。
今日は卵白と水で焼きましたよ。
卵白は昨日の釜玉うどんの残り。
結果は大正解。不思議においしく仕上がりました!
なるほど、ふんわりのキメテは卵白だったんだねぇ。
メレンゲみたいに、発泡性やら保湿性は卵白が担ってるのかな。
今まで軽んじててゴメン!

そういえば、帝国ホテルの総料理長だった村上さんの回想録に、
ホットケーキミックス売りのセールスマンが登場してましたっけ。
不思議な外国人が、溶いた粉をフライパンに落とすだけで、
見る間にホットケーキを焼き上げていくっていう話。
思えば、あれからずいぶん経ってるんだな。キレイモ 脱毛 顔