日大アメフット部が次期監督を公募するそうです

悪質なタックル問題で窮地にたつ日大ですが、アメフット部の次期監督を公募するようです。方向性としてはいいことだと思います。公募と言っても出来レースという場合もありますが、これだけ問題になっているのですから浄化を図るのであれば外部の血が必要となるでしょう。内部昇格では世間的にも認められないという認識のものとの公募になったtのではないでしょうか。この動き自体はいいと思うのですが、日大には理事長に対する辞任要求の署名が教職員から出されており、そちらの問題も解決しなければ公募して決定しても元の木阿弥となってしまいそうです。現在第3者委員会の調査結果も出ていないのですから、それらを解決したうえで監督決定という順序になるのではないでしょうか。学生たちはたとえ監督が誰であれ一生懸命頑張ってこれまで来たのですからなんとかその努力が無駄にならないような結末を迎えさせてあげたいと思います。そうなるためにも理事長始め現在の理事者側の改革は絶対条件なのではないでしょうか。キャッシング スマホ