残業フィーが出ない裁量事業制の会社について。

当社は裁量職業制を採用しているのだが、普通に会員がいて日取りを管理しているので、個人に特別な裁量が居残る訳ではない。また、勤務も9時期?18時期なので、自由に仕事退勤もできない。
裁量職業制は、明晰現職やクリエイティブな商売のために、労働時間ではなく、実りによって金額を払う方法です。しかしながら、その方法は進出解釈され、悪徳部分の温床にもなりつつある。システムエンジニアの商売は、ひとまず、裁量職業制の範囲ではあるが、自分自身で日取りが築けるお客様に限られる。実際には、何の裁量も乏しいブログラマーや隊員がその対象になっている。また、そういった部分はたくさんの残業が発生するケースが多い。部分にしてみれば、ただでドシドシ働かせられるキャラを確保できた要因だから。
かりに実益が良くても働き手に返戻繋がる売り物わずかなので、手助け残業パイはどこに消えたのかヒヤリングに想う。また、実益が悪くなると、減らされり予算は、おっきい。キャリア行いで裁量職業制の部分は少々注意してみても良しかもしれない。