脊柱管狭窄症から起こる坐骨神経痛に対する運動

現代日本人の「4人に1人」が腰痛に悩んでいると言います。
腰痛が発症する原因の一つに、脊柱管狭窄症があります。
これは、加齢や怪我などの理由で後天的に腰椎が変形することで、背骨の脊柱管の中を通る神経を圧迫して痛みや痺れを発症する疾患です。

この脊柱管狭窄症は、腰痛の一種である「坐骨神経痛」を引き起こす原因の一つにもなっています。
脊柱狭窄症による坐骨神経痛の多くは、「上体を反らすと、痛みや痺れが強くでる特徴があります。
そこで、脊柱管狭窄症から起こる坐骨神経痛予防や改善のための簡単な運動を紹介します。

まず、背もたれの付いたイスを用意し、そのイスに少し浅めに座って、両手を両ひざの上に置きます。
顔を床につけるイメージで、息を吐きながら上体をゆっくりと前方へ曲げていきます。
この時、どちらかの足に痛みがある場合は、痛みがない足の方へ傾けるようにします。
腰周辺の筋肉が十分に伸びていると感じたら、その体勢を5秒〜10秒間ほど維持し、ゆっくりと上体を起こして下さい。

長時間のデスク作業など、同じ姿勢をとり続けることが坐骨神経痛の悪化を招きます。
座り作業が続くと、腰に大きな負担がかかり、筋肉が硬くなって血流も悪化しますので、こまめに休憩して全身を伸ばしてあげましょう。金利 安い キャッシング