資格・検定試験の択一などの選択問題の正誤判断の目安

私は過去、複数の資格・検定試験にチャレンジ、合格しました。
受験テクニック、コツと言えばおこがましいですが、
本試験問題を解答するにあたり、一つの参考にしていただけると幸いです。

<誤りの肢である可能性が推測される文言例>

・「常に〜」「〜のみ」のような唯一無二的な表現
・「〜に限り(限る)」のような範囲限定的な表現
・「〜すべきである」のような強制的な表現
・「〜は関係ない」「〜は影響しない」「〜は必要ない」のような否定断言的な表現
・「・・・(の場合)であっても〜ない」
のような他の代替可能性を含めた否定的な表現

<正しい肢である可能性が推測される文言例>

・「一定の」
・「一般的に」
・「原則として」
・「〜の場合がある」
・「〜の可能性がある」
・「〜などがある」

上記以外の判断目安としては、
・選択肢の設問内容に類似または意味の近いキーワードが入っている
・問題の文章(文脈)がスムーズに流れているかどうか

なども判断目安の一つと思っています。全身脱毛 回数